国立病院ダイエットのやり方|お金のかからないダイエット法


国立病院ダイエット
国立病院ダイエットとは、肥満対策の為に病院で考案された低カロリーな食事法です。




やり方
期間は2週間、毎食に牛乳、卵、グレープフルーツを入れ、1日の摂取カロリーを1200キロカロリーに抑える。

ただ、毎食牛乳、卵、グレープフルーツを食べていると飽きてしまうし、栄養も偏ってしまいます。

なぜ牛乳、卵、グレープフルーツなのかと言えば、カルシウム、タンパク質、ビタミンCを摂取したいからです。

なので、それぞれの栄養が摂取出来れば、代替えもOKです。


牛乳は…
チーズ、ヨーグルト、しらす、桜えび、ごまなど。

卵は…
鶏肉、レバー、ささみ、豆腐、納豆など。

グレープフルーツは…
いちご、アセロラ、オレンジ、ブロッコリーなど。

これらの組み合わせの中で、1200キロカロリーに抑えます。2週間なので頑張ってください。

なるべく規則正しい生活をして、食事の時間も毎日同じ方がいいです。