胃袋ダイエット|お金のかからないダイエット法


胃袋ダイエット
胃袋は膨張しやすく、食事量が多い人は胃袋も膨張している傾向にあります。胃袋を正常の大きさに戻す事が出来れば、その後の過食を抑えられ、スリムな体になっていきます。




やり方
まずは現在の体重を量り、目標体重を設定する。現在の体重から目標の体重は何割減かを算出する。

目標減の値と、食事を減らす値は一緒。

例えば体重50キロの人が45キロを目指すのであれば、体重は1割減を目指すので、食事の量も1割減を目標にする。ただし減らしていいのは2割までにする。

まずは1週間、自分の現在の生活を見つめなおすために、いつもの食生活を記録する。普段どのくらい食べているかを把握するためですね。

そこから摂取カロリーを計算して、どうすればカロリーを減らせるかを考える。

食事は好きなものを食べてOK。なるべく多品目摂取を心がける。

外食の時は、意識的に残してみる。エコロジー時代に逆行している行為ではありますが、もったいないと思えば外食の回数も減らせます。

ちょっとした意識の違いで食事量が減っていき、胃袋も通常の大きさに戻ります。そうすれば必要以上に食べたいとは思わなくなるので、過食しないで済みます。

ダイエットの基本的ルール、寝る前3時間は食べないとか、規則正しい生活をするとか、そうゆう部分はもちろん守ってください。